厚手の袋対応 - 袋とシーラーのテンポアップ

200枚の小ロットから 販売国内メーカーシーラーを格安で お客様に最適なシーラーや袋をアドバイス ポイントをためてさらに安く ポイントおよび運賃改定のお知らせ
詳細検索

商品カテゴリ > シーラーを特徴で探す > 厚手の袋対応

厚手の袋対応シーラー

厚手の袋をシールするには

シーラーはシールできる袋の厚さに上限があります。そもそも、袋をシールする場合はヒートシール性のあるラミネート袋を使用しないと袋の口を接着することはできません。
このラミネートの袋はフィルム・紙・アルミ箔などを接着剤を使って貼り合わせて作られています。その素材や構成によっては、厚みがかなり違ってくるのです。

当店で販売しておりますラミネート袋は、その【構成】を見ると厚みが分かるようになっています。 例えば、ナイロンポリTL規格袋ですと【ONy15/L-LDPE25/L-LDPE30】と記載されています。これは、【二軸延伸ナイロン15μ+低密度ポリエチレン25μ+低密度ポリエチレン30μ】でできているという意味です。 よって、この袋の1枚の厚みは70μ。シール部分はこれが2枚重なるので、合計140μの厚みまでシールできるシーラーが必要ということになります。

ガゼット袋のように、シール部分が4枚重なるタイプの袋は、厚みが4倍になります。よって、専用の厚手の袋に対応したシーラーが必要となります。

また、厚手の袋に対応したシーラーはほとんどがヒーターが上下加熱タイプとなります。機種によっては、片側加熱と上下加熱の2パターンがあり、富士インパルスシーラーの上下加熱タイプは、型番の最後に「W」または「WK」がついています。

上下加熱タイプで厚手の袋もしっかりシール!

上下加熱タイプは、各機種の型番の最後に「W」または「WK」がついています。 参考ください。

 

 

実際に商品を使用されているお客さまのご紹介はこちらから

 

 


ご一緒に袋のサンプルを /></a></p>
<p>
<a href= ポイントでお得!

ご相談承ります!! お気軽にお問い合わせください。TEL06-6676-1717