耐ピンホール性の袋 - 袋とシーラーのテンポアップ

200枚の小ロットから 販売国内メーカーシーラーを格安で お客様に最適なシーラーや袋をアドバイス ポイントをためてさらに安く ポイントおよび運賃改定のお知らせ
詳細検索

商品カテゴリ > 袋を特徴で探す > 耐ピンホール性

耐ピンホール性の高い(やぶれにくい)袋

耐ピンホール性(突刺し強度)について

ピンホールとは針で開けた程度のごく小さな穴のことです。たとえそれが小さな穴であっても、内容物の酸化や菌の繁殖を防ぐことを目的とする食品包装においては深刻な問題となります。

数十ミクロンの厚みしかない包装フィルムは基本的に突き刺しには弱いです。例えば、袋の中に鋭利な突起物(骨付きの魚や肉、貝や甲殻類、冷凍食品など硬くなったもの)があれば、容易にピンホールが発生します

特にそういった突起物のあるものを包装する場合は、耐ピンホール性(突刺し強度)の高い袋をご利用ください。

なお、おすすめ商品に記載しております「突刺し強度」は「先端0.5Rの針を50mm/minで突刺した時のフィルムの強度(単位:N)」を示してあります。

実際に商品を使用されているお客さまのご紹介はこちらから

 

 

ご相談承ります!! お気軽にお問い合わせください。TEL06-6676-1717