麺類の包装に最適の袋 - 袋とシーラーのテンポアップ

200枚の小ロットから 販売国内メーカーシーラーを格安で お客様に最適なシーラーや袋をアドバイス ポイントをためてさらに安く ポイントおよび運賃改定のお知らせ
詳細検索

商品カテゴリ > 袋を用途で探す > 麺類

麺類

麺類

麺類の保存で大切なこと

麺は保存方法や、保存形態により賞味期限が大きく違ってきます。
半生タイプは酸化や防カビ、乾麺タイプは防湿を特に気をつけなければならず、変色や油脂の酸化等品の劣化防ぐ必要があります。
つまり、おいしさを長持ちさせるためには空気に触れないことが大切です。
脱気や脱酸素剤などを使用し、袋内の空気を出来る限り抑え、においの少ない風通しの良い冷暗所か冷凍庫保管にて鮮度を保ちましょう。


脱酸素剤・乾燥剤

麺類の包装にオススメの袋

酸素バリア性が高い袋・脱酸素剤対応

とにかく低価格を求めるなら

オリジナル袋でギフトに

  • 真空和紙小袋

    真空和紙小袋

    インクジェット対応なので好きな文字や柄が印刷でき、オリジナルの袋が作れます。長3封筒にすっぽり入る巾110mm×長さ230mm。真空可。脱酸素剤○シリカゲル×

麺の相紙に

実際に商品を使用されているお客さまのご紹介はこちらから

麺類の保存におすすめの脱酸素剤・乾燥剤

  • 脱酸素剤 エバーフレッシュ KWXタイプ

    生麺には酸素を吸収する脱酸素剤。酸素バリア性のある袋と併用することで、酸化による食品の変色、カビの発生を防ぎます。水分の多い食品にはKWXタイプ(湿度の高い空気中でのみ反応するタイプ)がおすすめです。

  • 乾燥剤 シリカゲル

    乾麺には湿気を吸収する乾燥剤。シリカゲルは二酸化ケイ素を主成分としたスタンダードな乾燥剤で、様々な用途に使われています。防湿性の高い袋と併用して下さい。

こんな商品も売れてます!

ショップ・調理場にぜひ!

調理場にはなくてはならないゴミ袋。最近では自治体のきまりで透明・半透明のごみ袋が売れ筋商品となっています。

ゴミ袋一覧ページはこちら

ご相談承ります!! お気軽にお問い合わせください。TEL06-6676-1717